インテグラルマスタークラス通信

フォトフェイシャルやコスメを使って全身をキレイにしていくブログ

皮膚科でフォトフェイシャルしよう

フォトフェイシャルは皮膚科や美容外科の専門医による美容施術のひとつです。

人の肌は、どうしても年齢による影響が出てきます。

肌の水分が失われ、ハリやツヤがなくなってしまうのは仕方ないことです。

普段からこまめなスキンケアを行っている人も多いようです。

今ではそういった悩みを解消するために基礎化粧品などをはじめ、数多くのアンチエイジング商品があります。

アンチエイジングに効果があると言われる成分は色々ありますが、しみやしわが一旦できると、軽減するのは至難の業といえます。

美容外科や皮膚科で、若返りのための診察を受けるという人もいるようです。

そんな人に医療機関が行う美容施術がフォトフェイシャルです。

光療法というこの方法は、最近注目されつつある美容法です。

皮膚を作る細胞を活発にして再生作用を高めるため、IPLという光を肌にあてるのがフォトフェイシャルの方法です。

美容行為を行っている皮膚科で受けることができます。

エステサロンなどでも最近は行われることもあり、肌にハリを与える効果が高い方法としても、とても有名な施術方法です。

皮膚科で行われるレーザー治療は、シミの色素を減らすことができるといいます。

フォトフェイシャルの場合は、シミ軽減以外にも、肌を引き締めてしわやたるみを緩和する作用があることが知られています。

皮膚科でフォトフェイシャルを受けたことで、にきびの痕跡を消すことができたという人もいます。

フォトフェイシャルは皮膚科がおすすめ

フォトフェイシャルを皮膚科で行う方が増えているようです。

人それぞれ違うのが、肌に関する悩みです。

中でもシミやしわに悩む女性は非常に多いようですが、フォトフェイシャルによる美容施術は効果が高いと注目を集めています。

料金も比較的安めに設定されていることが多いのが、フォトフェイシャルです。

とても人気の施術方法の一つと、ここ数年は言われているようです。

美容外科や専門の皮膚科などで一般的には行われているといいます。

フォトフェイシャルや光療法、IPLといった言葉を、エステサロンでも最近はよく聞くようになってきました。

もともと皮膚に出てきたシミなどを取る方法は、レーザーによる施術が主流でしたが、レーザーは医療器具の一つです。

医師免許のある皮膚科の医師など、資格がある専門医が在籍する施設でしか施術することは出来ません。

レーザーをエステサロンなどでは行うことができないことになっています。

反対に出力がとても小さい事もあり器具があれば資格もいらず、エステでも利用は可能なのが、フォトフェイシャルの場合です。

医師が皮膚科や美容外科では出力を設定しているので、フォトフェイシャルはより治療効果の高いものを行うことが可能です。

よくあるのが、エステでは効果が一定ではないケースです。

より安心なのは。

アフターケアの面で見てもフォトフェイシャルは皮膚科で行うことです。

適切な処置が万一のトラブルの際にも皮膚科であればできるので、もっと安全で確実にフォトフェイシャルを施術することができるでしょう。

皮膚科でフォトフェイシャルができない人

どのような人が、皮膚科でフォトフェイシャルができないのでしょうか。

かなり前から、顔に気になるシミができた場合、皮膚科などで行うレーザーで薄くする方法はあったようです。

少し違ったアプローチ方法になるのが、フォトフェイシャルです。

治療後に強い赤みが残ったり、色素沈着が起こる場合も、レーザー治療の場合はあるようです。

専門医である皮膚科の医師などによって行われたフォトフェイシャルに危険はありません。

気になるニキビ痕を目立たなくしたり、ほとんど顔に痕が残る心配もなくシミやシワを薄くしたりすることができます。

肌の悩みを、さまざま解消することが可能です。

通常、フォトフェイシャルはレーザー治療でよくあるように、かさぶたができたり、赤く腫れる事はまずありません。

施術による皮膚のトラブルも比較的少ないものとなっています。

まれに強く反応したシミが黒ずんだり、強く反応した毛細血管からわずかな内出血が出ることがあります。

そういった際にも心配はもちろん不要で、皮膚科などで行っていればきちんと対応し、数日で消失するでしょう。

フォトフェイシャルを受けるに当たって気になる事がある場合は、事前に専門医によるカウンセリングをしっかりと受けておく事をおすすめします。

フォトフェイシャルを受けることができないのは、妊娠中の人や1ヶ月以前に激しい日焼けをした人だそうです。

肌の状態が良く無い場合には皮膚科の専門医に判断してもらうようにしましょう。

ケロイドになりやすい人や糖尿病の人も、皮膚科などでフォトフェイシャルを受ける前によく相談したほうが安心かもしれません。

↑Pagetop

関連リンク

Copyright(c)インテグラルマスタークラス通信. All rights reserved.